2011年06月20日

be動詞(中1)

中1英語は、be動詞から一般動詞へとすすんでいます。

現在形では、am、is、are の3つがbe動詞と呼ばれ、その他は一般動詞です。

今は現在形のみ学習中ですが、
動詞は、「現在」「過去」などを表現するときに形が変わります。

一般動詞は現在形が原型と同じになりますが、
be動詞だけ、原型がbeとなるのです。

be動詞と呼ばれるのはそのためです。
(beは、後々、命令文や助動詞を学習する時にお目にかかることとなります。お楽しみに。)

一般動詞を学習すると、ついついbe動詞の文法を忘れがちになります。
否定分や疑問文の作り方、一般動詞とbe動詞の違い、大丈夫かな?

期末テストの前にしっかり把握しておきましょう。
                      ----------や目
posted by 塾代表 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46148166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック