2017年07月13日

あまり

小学校の算数では、余り(あまり)のある割り算を、例えば、
17÷3=2あまり1
27÷3=2…1
のいずれかで表します。
どちらが正しいのでしょうか。

どうやら両方OKのようです。
「指導する先生のおっしゃる通りにexclamation」ですね。

個人的には「この曖昧な感じは数学(算数)っぽくないなぁ」です。
モヤモヤする「あまり(…)」ですが、
中学→高校と進むにつれて数式の中には使われなくなります。
そこでスッキリするのかもしれませんね。

付言すれば、「÷」もほとんど使われなくなります。
割り算(除算)は分数で表現します。
その方が計算が楽だからです(と思っています)。
分数嫌いの人には信じられないでしょうけれど^^;

ではでは、
7÷3=2あまり1
この式を「あまり」を使わないように変形してみましょう。
答えは一つじゃなさそうですよね。

そもそも、あまり、って何でしょう。
それを考えてみるのもよいでしょうね。

ところで、なぜこんな記事を書いたのかと言えば、
『カシオ、「÷余り」キーで割り算の答えと余りを一発表示できる電卓』
というニュースを見たからです。
こりゃ便利exclamation×2
かもです。
posted by 塾代表 at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180329410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック