2015年12月12日

英語と日本語

塾生たちが解いた英語の問題を採点すると、
「英語と日本語の違いがわかっていないのでは」と感じます。

そもそも、日本語のことがわかっていなければ、違いに気づくはずがありません。
英語をマスターするためにも、日本語をしっかり勉強する必要があるでしょう。

面白い記事をみつけました。
「うなぎ文」「こんにゃく文」に見る日本語の特異な面白さ

「うなぎ文」「こんにゃく文」は、日常的に使われています。
しかし、これらに違和感を持つようにしてほしいのです。
主語と述語がアンマッチです。
あくまでも特殊な表現であると理解しなければなりません。

言葉は、例外だらけです。
しかし、どんな言語を勉強するにしても、まずは原則の理解に努めるべきでしょう。
英語もしかりです。
英語文法の原則があやふやな人は、日本語も同様なのでは。

昨今、英語教育がやたらと重要視されていますが、
個人的には日本語の教育こそ最優先だと考えています。
われわれ日本人は、頭の中で何語を使って思考しているのでしょう。
もし、あなたが英語で思考しているのなら、英語の習得を再優先してください。
わたしは、違います。

何を問われても「びみょー」で返しているようでは、
外国語のマスターは、「びみょー」ならぬ「むぼー(無謀)」でしょうね。
posted by 塾代表 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 問題解説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169736516
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック